ホーム>TALENTS/ARTISTS>業務提携>トンプソン ルーク
業務提携

トンプソン ルーク

トンプソン ルーク

ラグビー選手(近鉄ライナーズ)

名前 Thompson Luke (トンプソン ルーク)
生年月日 1981年4月16日
出身地 ニュージーランド クライストチャーチ市
サイズ 196㎝/108㎏
使用可能な言語 英語、日本語
専門分野 ラグビー解説

 

略歴

2004年 来日
2004年 ジャパンラグビートップリーグ 三洋電機ワイルドナイツ(現:パナソニック ワイルドナイツ)に加入。
2006年 近鉄ライナーズに移籍〜現在も所属。
2007年 日本代表としてラグビーワールドカップ2007(フランス)に出場。 
2010年 日本国籍取得
2011年 日本代表としてラグビーワールドカップ2011(ニュージーランド)に出場。
2015年 日本代表としてラグビーワールドカップ2015(イングランド)に出場。



1981年ニュージーランド生まれ。
リンカーン大学、カンタベリー州代表でプレーしたのち、2004年に来日し三洋電機ワイルドナイツに加入する。
2006年には近鉄ライナーズに移籍し、2008年から2010年には、チーム史上初めて海外出身者のキャプテンを務めた。
ホームタウンの東大阪を「日本の実家」としてこよなく愛し、地元に溶け込んでいる。

また、日本代表としては3大会に参加しており、キャップ数63は、海外出身者としては日本最多である。
南アフリカ代表からの歴史的勝利で沸いた、「ラグビーワールドカップ2015」では全試合にフル出場し、献身的で愚直なプレースタイルは多くのファンに感動を与えた。大会終了後に日本代表からの引退を表明した。

現在も近鉄ライナーズの中心選手として活躍する一方、ラグビー番組での解説者など、活動の範囲を広げている。
 

PHOTO

WORKS